塗り壁DIYは簡単にできる?塗り壁材(漆喰・珪藻土)の特徴・DIY計画の立て方

塗り壁のDIYは、材料さえ揃えれば自分たちでできます。しかし、上手に施工しないと、見栄えがよくありません。下調べから塗り壁材の用意、施工の技術アップなどを行いながら、実際にDIYをする計画を立てましょう。

こちらでは、塗り壁をDIYする際の計画の立て方をご紹介します。

DIYは事前の計画が重要!塗り壁DIYを成功させる4ステップとは?

塗り壁をDIYする際の計画の立て方をご紹介します。

塗り壁をDIYする際の計画で大事なポイントは、以下の4つです。

塗りたい場所の下調べをする

塗りたい場所の壁がどうなっているかを下調べしておきましょう。

  • ビニールクロス
  • 砂壁
  • 繊維壁
  • モルタルコンクリート
  • 石膏ボード
  • 特殊加工や防汚加工された壁紙
  • 汚れている壁
  • 京土壁

これらの壁の素材は、下地作りが必要です。下地作りをしておくことできれいに仕上がり、長持ちします。

塗る面積の計算をする

塗る面積を計算するのは、塗り壁材を用意する量やスケジュール、人手などを計画するために重要です。

どこに塗るかによりますが、塗る壁の幅と高さをかけることで、まずは壁面積が出せます。窓がある壁の場合は、窓の幅と高さをかけて、窓の面積を出しましょう。壁の面積から窓の面積を引くと、塗る面積が算出できます。

一般的な塗り壁材は2種類!漆喰・珪藻土の違いと特徴

現在、一般的な塗り壁材として使われているのは、漆喰と珪藻土の2種類です。

漆喰
  • 主成分は石灰
  • 調湿・耐火・断熱・防カビといった機能性がある
  • 柔らかく粘りがあるため伸びがよい
  • 凹凸も柄のように見えて味がでるため、あえてラフにコテで塗った跡をつけることが多い
  • コテでできた凹凸は照明によって陰影がつくため、かっこよく仕上がる
  • 保存が効く(1年間ほどは補修のためにとっておける)
珪藻土
  • 石灰プラクトンが化石化してできた土
  • 固化材を配合した珪藻土は、調湿・耐火いった機能性がある
  • 粘りと伸びはほどよく、塗り付けやすい性質を持つ
  • 漆喰よりも仕上がりが滑らか
  • 細め・粗めのタイプがある
  • 使用期限は1ヵ月ほど(珪藻土を塗る場合は短期間で塗り終える必要がある)

塗り壁材やコテの使い方など、塗り壁DIYの技術を学ぼう!

DIY初心者に多いのが、最初から自己流で進めて失敗してしまったというケースです。

DIYにおいて「自分でやってみよう」という気持ちは大切ですが、DIY教室やホームセンターの体験会に参加してみることもおすすめです。

塗り壁の技術を学ぶ方法は、主に4つです。

DIY教室
  • 塗り壁材メーカーや工務店などで開催
  • 漆喰や珪藻土を塗る体験ができる
  • 塗り方のコツや材料の正しい扱い方が学べる
  • わからないことはその場ですぐ質問できる
インターネット
  • インターネットで検索
  • 記事だけでなく動画もアップされているので、実際の作業の様子がイメージしやすい
本や雑誌
  • DIYの方法だけでなく、塗り壁の実例や部屋のイメージも掲載されている
  • じっくり学びたい方におすすめ
ホームセンターの体験会
  • 内容はDIY教室とほぼ同じ
  • ホームセンターで開催されているため、講師がプロでないことがある
  • 気軽に参加したい方におすすめ

At Persimmonでは、内装リフォーム用の塗り壁材として、柿渋を配合した塗り壁材を取り扱っています。塗り方は自由、ローラーでもコテでも吹き付けでもOKなので、ご家族みんなで塗って楽しむこともできます。

DIYで内装リフォームをご検討中なら、ぜひAt Persimmonの塗り壁材をお試しください。

DIYでの内装リフォームは計画が仕上がりを左右する!コテで施工できる塗り壁材をお探しならAt Persimmonへ

コテでDIYできる塗り壁材をお探しならAt Persimmon

DIYで内装リフォームをするとなると、クオリティ面が心配という方も多いでしょう。プロの施工にできるだけ近づくために、きちんと計画を立てて準備をしておく必要があります。

At Persimmonでは、内装リフォーム用の塗り壁材を販売しています。柿渋が配合されているため、珪藻土や漆喰だけの塗り壁材よりも高性能な点が人気です。

塗り壁をDIYする際は、ぜひAt Persimmonの柿渋を配合した塗り壁材をお使いください。

消臭・抗菌効果が期待できる塗り壁材!内装リフォーム・DIYに「パーシモンEウォール」

消臭・抗菌効果が期待できる塗り壁材!内装リフォーム・DIYにおすすめの「パーシモンEウォール」

エコと健康から生まれた柿渋塗り壁材「パーシモンEウォール」は、消臭・抗菌効果をはじめとする以下の点が強みです。

  • 柿渋タンニンとの融合により、天然素材でありながら、有害物質の 吸着中和・消臭・抗菌効果を発揮します。
  • 珪藻土や漆喰よりも高い調湿性能を有します。
  • 天然素材では難しい、コテムラ塗りによる薄塗りの施工を可能にしました。
  • 粒子の細かい基材により「柔軟性」が高く、クラックも入りにくい。
  • パーシモンEウォールDIYは練り状のため、簡単で手間が掛からず質感の高い塗り壁が早く仕上がります。
  • 左官材と違い、塗り手を選ばない製品のため、DIY初心者でも施工が可能です。
  • ビニールクロスやボードの上から1度塗りで仕上がるため、内装リフォームの工期が短縮できます。
  • ボードの上から中塗り及び、シーラーなしで直接塗れます。

※内装リフォームの場合、既存壁から出る汚れ、アク、シミ、臭い等をあく止めシーラーで止めてから仕上げてください。

コテで簡単DIY!内装リフォームに最適な塗り壁材の通販 At Persimmon

会社名 株式会社アットパーシモン
サイト名 At Persimmon
代表責任者 林 青美
住所 〒182-0024 東京都調布市布田4丁目19−10 桐畠ビル502
電話番号 042-444-3351
FAX番号 042-444-3355
メールアドレス info@persimmon.biz
URL https://persimmon.biz