DIYにおすすめの柿渋塗料はどれ?低臭・無臭の柿渋をご紹介

柿渋塗料はDIYの防水・防腐剤や、ヴィンテージ風加工などに人気の塗料です。製造方法は様々で、主に8つの種類に分けられます。昔ながらの自然発酵で作られる本格柿渋、本格柿渋を精製して臭いを抑えた低臭柿渋・無臭柿渋など豊富です。

本格柿渋は独特のきつい臭いがあるため、臭いが苦手な方は低臭柿渋・無臭柿渋がおすすめです。こちらでは、製造方法ごとに分類した8つの柿渋について、それぞれの特徴や作り方を詳しくご紹介します。

柿渋塗料の臭いが気になる方へ。DIYにおすすめの低臭・無臭柿渋を種類別にご紹介

柿渋塗料の臭いが気になる方へ。DIYにおすすめの低臭・無臭柿渋を種類別にご紹介します。

柿渋塗料は、防水・防腐性など優れた性能を持つ、安全性の高い塗料です。インテリアのリメイクなど、DIYでも活用されています。柿渋塗料には様々な製造方法があり、作り方によって異なった特徴を持っています。

伝統的な自然発酵製法で作る本格柿渋

まだ青く未熟な渋柿から圧搾した果汁を自然発酵・熟成させて作る、昔ながらの柿渋塗料です。

発酵の過程で酢酸や酪酸といった有機酸系物質が発生し、独特の臭気があります。臭気は時間の経過とともに薄れていきますが、完全に取れるまでには10日程度かかるため、中には「臭いに耐えられないので本格柿渋は避けたい」という方もいます。また、柿渋塗料の主成分である柿タンニンの分子にバラつきがあり、品質が安定しないところもデメリットです。

特殊製法によって精製した低臭柿渋・無臭柿渋

本格柿渋を特殊な製法によって精製し、悪臭のもととなる有機酸系物質を取り除くことで低臭・無臭の柿渋塗料に仕上げます。精製の過程で低分子の柿タンニンも一緒に取り除かれるため、高分子の柿タンニンだけが残ります。そのため、自然発酵製法よりも品質が安定しています。

柿渋タンニンの含有量をそのまま残した低臭柿渋

低臭柿渋は伝統的な自然発酵製法で作った本格柿渋ですが、安定性と発酵臭を抑えるために十分な精製工程を丁寧に行っています。分子構造を変えず、大事なタンニンの含有量を多く残し、従来の柿渋のような臭いはなく、ワインのような香りに作り上げたものです。

酵母菌発酵製法で臭いを抑えた柿渋

発酵の工程で酵母菌を使い、強制的に発酵時間を短縮させる製法です。有機酸系物質の発生をできるだけ減らすことで、柿渋特有の悪臭を抑えます。

発酵させずに作る低臭・無臭タイプの柿渋

渋柿から圧搾した果汁を発酵させずに作る、低臭・無臭タイプの柿渋です。特殊な製法で、高分子柿タンニンのみを残します。発酵という工程を省いて作られたものを「柿渋」として分類していいかどうか、という問題は残りますが、市場では柿渋塗料として販売されています。

化学物質を混ぜて臭いを抑えた柿渋

発酵の際アルカリ物質を混ぜることで、柿渋塗料特有の臭いのもとである有機酸系物質を中和させる製法です。臭いは抑えられますが、100%天然ではなくなってしまうため、自然塗料としての柿渋の魅力が半減してしまうことは否めません。

化学処理で染料化した低臭・無臭タイプの渋柿

柿渋に化学処理を施し、草木染めのように染色するために染料化した柿渋です。従来の柿渋染めのように柿渋液に浸したり、刷毛で塗ったりするだけでは染色できません。草木染めと同じく、加熱や助剤が必要です。

着色加工された柿渋

通常、柿渋の色は酸化した柿タンニンの色である茶〜赤褐色の半透明のみです。近年販売されている無色透明、またはカラーバリエーション豊富な柿渋塗料は、柿渋に顔料を混ぜて着色したものか、科学塗料に少量の柿タンニンを加えたもののどちらかになります。自然素材にこだわりたい方は注意が必要です。

At Persimmonでは、柿渋エキスと植物油のみで作られた天然柿渋塗料「パーシモンカラーワークス」を販売しています。自然塗料ながら豊富なカラーバリエーションで、DIYなどでも活用できます。柿渋特有の臭いや経年による変色はありません。

臭いが気にならない柿渋塗料をお求めならAt Persimmon

臭いが気にならない柿渋塗料をお求めならAt Persimmon

現在市販されている柿渋塗料には、様々な種類があります。製造方法によって特徴が異なるため、DIYで使いたい場合は、用途や目的に合わせて選びましょう。

安全性の高い自然塗料にこだわりたいのであれば、自然発酵で作られた本格柿渋がおすすめです。臭いが気になる場合は、精製した低臭柿渋を選ぶとよいでしょう。

柿渋を使った自然塗料をお探しなら、At Persimmonの柿渋塗料をご利用ください。植物オイルをブレンドした防水・防腐性に優れた高品質な柿渋塗料から、原料を厳選した天王柿100%の低臭柿渋まで、様々な柿渋塗料をご用意しています。

DIY用の防水・防腐性に優れた柿渋塗料を選ぶならAt Persimmon

会社名 株式会社アットパーシモン
サイト名 At Persimmon
代表責任者 林 青美
住所 〒182-0024 東京都調布市布田4丁目19−10 桐畠ビル502
電話番号 042-444-3351
FAX番号 042-444-3355
メールアドレス info@persimmon.biz
URL https://persimmon.biz