お知らせ

『柿渋』がコロナウィルスを無害化

昨日、奈良県立医科大学は果物の渋柿から取れる「柿渋」が新型コロナウイルスを無害化させるという研究結果を発表しました。

柿渋とは、若い青柿を搾汁し、発酵・熟成させたもので、古くから塗料や染料などに使われてきました。
今回の発表は、新型コロナウイルスと唾液を混ぜ、柿渋を加えて10分間置いたところ、ウイルスが無害化したと発表がありました。

当社は、柿渋タンニンをプラスした塗料を製造販売をしております。抗菌効果の高い柿タンニンで住宅の空気をクリーン化します。

もともと、柿渋はインフルエンザ菌の不活性化も可能で、私は、密かにコロナウィルスにも効くと信じておりましたが、今回の大学発表により自信が確信になりました。

現状コロナウィルの治療薬がない中、

少しでも皆さまの予防とお役立てになれば、これ以上の喜びはないです。

 

関連記事一覧